MID-FM HIGH POWER PLAY!

MIDサウンドスケッチ~昼~

☆2019.6.26 Release
3rd E.P『at THREE』
TECI-1649税抜¥1,389
(TEICHIKU ENTERTAINMENT, INC.)

■邦楽

実力派SSW、竹内アンナ。
待望のE.P シリーズ第3弾『at THREE』リリース!

20 -TWENTY- / 竹内アンナ
http://takeuchianna.com/
※3rd E.P“at THREE”収録曲

1998年4月25日、アメリカ・ロサンゼルス生まれ日本・京都在住。
幼少より親の影響で70年代や80年代の音楽に触れ、中学1年生でギターを弾き始める。
アコースティック・ギターにスラッピングを取り入れたプレイスタイルと、透明感のある歌声が各所話題になり、2018年3月アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大型フェス「SXSW 2018」に19歳で出演。
合わせてニューヨークからサンフランシスコまで、全米7都市を回る「Japan Nite US tour 2018」にも参加し、アメリカのライヴ会場だけで200枚近くのCDを販売する。
帰国後、アメリカで販売していた「alright」を地元関西のCDショップ限定で急きょリリース、デビュー前にも関わらず表題曲「alright」が全国のラジオ局で大プッシュされる。
同年、8月8日にテイチクエンタテインメントより4曲入りE.P『at ONE』でメジャー・デビュー、収録曲「ALRIGHT」の勢いは更に加速し全国22ヶ所のパワープレイを獲得。
2019年1月23日には2nd E.P『at TWO』をリリース、前作以上に洗礼されたサウンドと従来のイメージに捕らわれないアプローチで、ソロ・アーティストとしての開進を続けている。
そして、6月26日に3rd E.P『at THREE』をリリース!
今作は、夏らしく軽快なメロディーとリリックが印象的な「SUNKISSed GIRL」から始まり、竹内が示すアーバン・ギター・ポップを更にアップデートさせたサウンドと、
20代になった女性のいつもとは違う出会いが表現されているリード曲「20 -TWENTY-」、
そして「Lovin' Drivin' Darlin'」は爽やかな疾走感が心地良いポップスに仕上がっている。
前作『at ONE』『at TWO』でも大きな話題を呼んだカヴァー楽曲、今回は30年前にリリースされたジャネット・ジャクソンの「Rhythm Nation」を選曲。
難易度の高いダンスナンバーを見事に彼女らしいギターサウンドにアレンジされている。

☆2019.07.10 (wed)on sale
1st FULL ALBUM『ズーカラデル』
PECF-3235 ¥2,500(税込)

札幌発3ピースロックバンド!
ズーカラデルの魅力が存分に詰まった作品!

イエス / ズーカラデル
https://gooutzoo.com/
※1st FULL ALBUM『ズーカラデル』収録曲

Gt&Vo.吉田崇展、Ba.鷲見こうた、Dr.山岸りょう からなる札幌発の3ピースロックバンド。
昨年大きな躍進を遂げたロックバンド、 ズーカラデルがセルフタイトル「ズーカラデル」と題した初のフルアルバムを来る7月10日にリリース。
今作は、 彼らの地元である北海道に拘り制作し、 圧倒的なメロディセンスと歌詞はより磨きがかかり、 ズーカラデルの魅力が存分に詰まった作品となりました。
新たな代表曲になっていくであろうリード曲 「イエス」を含む全 12 曲を収録。
9月から全国9箇所のワンマンツアー「全国ツアー」開催と、更なる飛躍を遂げるべく活動中。

9/22(日)CLUB UPSETにて「全国ツアー」ワンマンライブを開催。



携帯からリクエスト!
携帯からのリクエストはこの2次元コードを携帯のバーコードリーダーで読み取り、リクエストURLにアクセス下さい。