MID Feeling Good Times

MIDサウンドスケッチ〜昼〜

今月に戻る

☆2014.10.15 (wed)on sale
Japan Debut Album『Black Star Elephant』
WPCR-15900 ¥2,200(本体)+税
(WARNER MUSIC JAPAN)

■洋楽

北欧が生んだ自然派デュオ!
ピュアで爽やかな“超自然派”なアンセムソング!

Am I Wrong / NICO & VINZ
http://wmg.jp/artist/nicoandvinz/
※Japan Debut Album『Black Star Elephant』収録曲

ノルウェーはオスロ出身のポップ・デュオ=ニコ&ヴィンスは、ニコ・セレバとヴィンセント・デリーの2人組。
2010年に”The Emerging Festival”に出演して以来、類いまれなストーリーテリングとパフォーマンスで、スカンジナビア圏を席巻。
2013年にシングル「Am I Wrong」をリリースするとスカンジナビア圏各国のチャートで軒並み1位を記録し、その後、ヨーロッパ全体でスマッシュヒット。
2014年春、「Am I Wrong」が全米でリリースされると、ラジオを中心に反響を呼び、遂には全米シングル・チャート最高4位を記録する大ヒットとなり、この夏を彩るサマーアンセムとせいて全米を席巻した。
アフリカ系ノルウェー人である彼らは、様々な音楽的バックグラウンドをベースにして、独自のサウンドを構築しており、その音楽性は“新時代のネイチャー・サウンド”と形容され、今後更なる活躍が期待されるアーティスト。


☆2014.10.22 (wed)on sale
4th ALBUM『Hail against the barn door』
PECF-3102  ¥2,800(税込)
(SPACE SHOWER MUSIC)

■邦楽

内面性と深くリンクした濃厚な詞世界へ。
美しく躍動感溢れるサウンドスケープ。

21g / 古川本舗( http://fullkawa-honpo.com/
※4th AL「Hail against the barn door」収録曲

ネット界から飛び出した次世代型アーティスト「古川本舗」。
作品により"変幻自在"なスタイルで表現するソロプロジェクトであり、作詞・作曲・編曲からデザインまで一貫して行うマルチクリエイターでもある。
ゲストボーカルに野宮真貴、カヒミカリィ等を起用した作品で話題になる。
派手さは無いが静かに鮮烈な印象を残す楽曲群。
郷愁感に満ちたメロディー、歌詞の世界観が最大の魅力。
今作は、前作までの物語を紡いだ詞の世界から一変し、自らの出発点を魂(=21g)に捉え、古川本舗個人を表現した11編のモノローグ的楽曲を自身のバンドメンバーと共に作り上げた意欲作。
秋にピッタリな切ないサウンドがやわからく印象的に心に響きます。

☆2014.7.29 (Tue)on sale
3rd mini ALBUM『抱きしめたい』
KUP-021  ¥1,700(税込)
(Knock up!)

心に沁みて、つぶれるほどに抱きしめたくなるザ・ラヂオカセッツ流のLOVE SONG。

ようこ / ザ・ラヂオカセッツ
http://theradiocassettes.net/
※3rd mini ALBUM『抱きしめたい』収録曲

山下秀樹(Vo&Gt)、大谷ペン(Drs)、中村サトシ(Ba)、小島吉博(Gt)からなる、東京、吉祥寺在住の4人組ロックバンド。2005年に結成。2011年に現在のメンバーになる。
2011年に “出れんのサマソニ!?” に出演し、このときに演奏した楽曲「東京」が徐々にラジオでのオンエアが増え、好評を得る。2012年に開催されたタワーレコード主催オーディション「Knockin.FN" on TOWERN"S DOOR vol.2」で約1000組の中からグランプリを獲得。バカ正直でシンプルな楽曲、圧倒的なライブパフォーマンスを武器に精力的に活動中。
今作のテーマは、心に沁みて、つぶれるほどに抱きしめたくなるザ・ラヂオカセッツ流のLOVE SONGアルバム。
HIGH POWER PLAY曲「ようこ」は、未練タップリな男の気持ちを歌った楽曲。
シンプルな“ウタ”と熱い“ライブ”が魅力の彼らのレコ発LIVEは、10/18(土)名古屋・新栄CLUB ROCK’N’ROLLにて「音・感・色vol.11×ザ・ラヂオカセッツ「抱きしめたい」リリースツアー〜supported by MID-FM〜」を開催!
ウソツキ・カフカ・Half moon spiralという、日常という情景が浮かぶ綺麗なウタモノ4バンドでの共演。



携帯からリクエスト!
携帯からのリクエストはこの2次元コードを携帯のバーコードリーダーで読み取り、リクエストURLにアクセス下さい。