MID Feeling Good Times

MIDサウンドスケッチ〜昼〜

今月に戻る

☆2015.03.04 (wed)on sale
Debut Album『TITLE』
EICP-1620 ※国内盤のみボーナス・トラック収録
価格¥2,200+税
(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

■洋楽

世界中の女の子を元気にする、
2015年最注目の超大型新人アーティスト・シンガー・ソングライター!

All About That Bass / Meghan Trainor
http://www.sonymusic.co.jp/artist/meghantrainor/
※Debut Album “TITLE”収録曲

マサチューセッツ州のナンタケット島で生まれ育ったMeghan Trainorは、7歳で曲を書き始め、まだ高校生だった頃に音楽出版社と契約を果たし、これまでもハンター・ヘイズやグラミー授賞歴のあるラスカル・フラッツといった大物アーティストにも楽曲を提供してきた実力派!
デビュー・シングル「All About That Bass」は、「ぽっちゃりが私の魅力!」「カラダのサイズなんて気にしないないで、みんなそのままでカンペキだから!」と歌う、すべてのサイズの女の子を応援する文字通り“等身大”のガールズ・アンセム。
全米シングル・チャート8週連続1位を記録し(2014年女性アーティストとしてはシングル・チャート1位最長記録!)、アメリカでは600万ダウンロードを突破、動画再生回数も5億回を超えている !
その人気は世界中に飛び火し、79 の国と地域のiTunesシングル・チャートで1位、世界最大手ストリーミング・サービス「スポティファイ」や音楽検索サイト「シャザム」のグローバル・チャートでも堂々の1位を獲得。
第57回グラミー賞主要2部門(年間最優秀レコード賞 | 年間最優秀楽曲賞)にもノミネートされるなど、その勢いは止まらない。
デビュー・アルバム、『タイトル』が本国アメリカで2015年1月12日に発売され、アルバムも堂々全米1位に!
アメリカ以外でも、カナダ、オーストラリア、ニュージランドのアルバム・チャートで1位を獲得(2015/1/26現在)しているほか、世界67カ国のiTunesアルバム・チャート1位を制覇 !
現役女子高生時代からプロのソングライターとして活躍してきたメーガンだが、計り知れない才能を持つソングライターとしてだけではなく、世界No.1アーティストとしても、今その存在は無限の輝きを放っている。
4月には初来日公演も決定し、2015年は、メーガンから目が離せない!!


☆2015.3.4(wed)on sale
2nd Album『パラード』
VICL-64297  2,300円+税

■邦楽

東京インディーシーンで話題のザ・なつやすみバンド!
待望の2ndアルバムでまさかのメジャー進出!

めくらまし! / ザ・なつやすみバンド
http://natsuyasumiband.blogspot.jp/
※2nd Album『パラード』収録曲

中川理沙(ボーカル、ピアノ)、高木潤(ベース)、村野瑞希(ドラム)、MC.sirafu(スティールパン、トランペット)の4人組、ザ・なつやすみバンドがスピードスターレコーズからの2ndアルバムでまさかのメジャー進出!
ライブを重ねるうちに東京インディーズ界隈で話題となり、下北沢の街全体で開催されているサーキットイベント「下北沢インディーファンクラブ2011」では、リリース作品が一枚もない中での出演にも関わらず入場規制。
2012年6月、満を持してファーストフルアルバム『TNB!』をリリース。
自主制作ながら好セールスを記録し、第5回CDショップ大賞では、錚々たるメジャーアーティストと並んでノミネートされ、現在でもロングセールスを続けている。
2013年には、「サマーゾンビー」を短冊8cmシングルCDでリリース。
2014年夏には新作となる4曲入りのEP『S.S.W』の無料配信が話題となった。
ファーストアルバムから実に3年振り(!)待望のリリースとなる今作は、高まる期待をも軽やかに飛び越えるかのごとく、バンドの魅力が凝縮された快作に!
温かくも透き通った伸びやかな歌声、叙情的かつセンチメンタルな歌詞とメロディにはどこか懐かしさがあり、ピアノ・ベース・ドラム、そしてスティールパン・トランペットなども加わったアンサンブルは、トロピカリズモにも通ずる、ストレンジで癖になる唯一無二のサウンドを生み出している。

☆ 2015.3.4 (wed)on sale
Major 1st Mini Album『ONE』
TYCT-60057 【CD】¥1700+tax

テスラは泣かない。の音楽性と世界観、“伝える”ことにこだわった作品。

国境はなかった  / テスラは泣かない。
http://www.tesla-cry.com/
※Major 1st Mini Album『ONE』収録曲

Vo&Gt村上 学、Bass吉牟田 直和、Piano飯野 桃子、Drums實吉 祐一からなる4ピースロックバンド。
2007年、鹿児島にて結成。
ディストーションギターに中毒性のあるピアノリフレイン、躍動するベース、ドラムに、感情を揺さぶるメロディーを武器として、独自の進化を続ける。
また村上(Vo&Gt)は医学部を卒業した経歴をもち、独自の死生観から書く歌詞も他に類を見ない。
2014年EMI Records Japan(現:Virgin Records)よりシングル『Lie to myself』でメジャーデビュー後、「ROCK IN JAPAN FES」「RISING SUN ROCK FES」「SUNSET LIVE」などの大型フェスに出演するなど、圧倒的なパフォーマンスでインパクトを残した。
2015年3月4日にメジャー1stミニアルバム『ONE』をリリース。
全曲セルフ・プロデュースによる7曲入り。
テスラは泣かない。の音楽性と世界観を“伝える”ことにこだわった今作は間違いなく、鮮やかなリアリティーと共にリスナーの感情を揺さぶるであろう。
5月31日(日)には、名古屋CLUB ROCK’N’ROLLにてリリースツアーワンマンLIVEを開催!



携帯からリクエスト!
携帯からのリクエストはこの2次元コードを携帯のバーコードリーダーで読み取り、リクエストURLにアクセス下さい。