MID-FM HIGH POWER PLAY!

MIDサウンドスケッチ〜昼〜

今月に戻る

NEW Album「Soul Eyes」
☆2016.07.01 (Fri) Release
UCCQ-1063/¥2,484(税込)
(ユニバーサル インターナショナル)

■洋楽

あのプリンスも生前い絶賛した、ブルーノートからの新しい歌姫が登場!
ノラ・ジョーンズ直系の新世代女性シンガー・ソングライター&ピアニスト

Talk to me / Kandace Springs
http://www.universal-music.co.jp/kandace-springs/
※NEW Album“Soul Eyes”収録曲

ナシュビル出身、27歳シンガー・ソングライター&ピアニスト。
ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルド、ニーナ・シモン、ロバータ・フラックなどに影響を受ける。
先日惜しくも亡くなってしまったプリンスは生前にキャンディスの声を“A voice that could melt snow”「“雪さえも溶かすほどの(温かい)声”」と絶賛。
本作のプロデューサーにはジョニ・ミッチェル等を手がけ、グラミー受賞経験のある名匠ラリー・クラインを起用。
ノラ・ジョーンズの「ドント・ノウ・ホワイ」の作者ジェシー・ハリスの楽曲や、アルバムタイトル曲となったマル・ウォルドロンの「ソウル・アイズ」、カントリー・シンガーのシェルビィ・リンの楽曲など様々なジャンルの曲のカヴァーと、自身のソングライティングによる楽曲が収録されている。ソウルフルでありながらも、女性らしいしなやかさと強さを兼ね備えたヴォーカルとピアノ・プレイがより際立つ仕上がりとなっている。
ソウル、ジャズ、ポップスなど様々なジャンルの音楽を吸収し、取り入れているにも関わらず、非常に新鮮で過去に囚われないサウンドを持った類いまれなるアーティスト。
2016年、Blue noteが送り出すノラ・ジョーンズ直系ともいえる大型女性シンガー・ソングライター&ピアニストのデビュー。

☆2016.07.13 (wed)on sale
3rd Mini Album『一生分のラブレター』
UKDZ-0170
¥1,500(+税)
DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT

■邦楽

<ラブソング>をウソツキならではの音と言葉のマジックで、
ありふれた景色を色鮮やかに塗り替えるような曲で魅せてくれる1枚。

一生分のラブレター / ウソツキ
http://usotsukida.com/
※3rd Mini Album『一生分のラブレター』収録曲

2013年の夏に現在の竹田昌和(Vo,Gt)、吉田健二(Gt)、藤井浩太(Ba)、林山拓斗(Dr)の4人編成となり、都内を中心に活動している“王道うたもの”バンド、ウソツキ。
7/13リリースの3rd mini album「一生分のラブレター」のコンセプトはズバリ、<ラブソング>。
HIGH POWER PLAY選出の「一生分のラブレター」は、<ラブソング>をコンセプトに制作された3rdミニアルバムを象徴するような楽曲。
「何回だって告白をしよう 君が好きだって伝えよう」という、直球かつ高揚感のある歌い出しからわずか4分間で、出会ってから死ぬその時までの「一生分」の想いを見事なストーリーテリングで描いたキラーチューン!
他にも、甘酸っぱい胸キュンサマーソングな「ボーイミーツガール」、力強い演奏/グルーヴと切ないメロディの融合が新境地なミディアムナンバー「ハッピー エンドは来なくていい」など、<ラブソング>をウソツキならではの音と言葉のマジックで、ありふれた景色を色鮮やかに塗り替えるような曲たちが揃っています。
そして今作のアート・ディレクションは、ウソツキのメンバーとデザインチーム・HUESPACEがタッグを組んで手掛けており、ラブレターをモチーフにデザインされています。

☆2016.07.06 (wed)on sale
3rd Mini Album
『OTONARI BENTO BOX』
SZNG-002 / CD ¥1,600 (tax out)

美味しいおかずがたっぷりと詰まった1枚。

アイスクリームポップスター / THE BOY MEETS GIRLS
http://theboymeetsgirls.com/
※“OTONARI BENTO BOX”収録曲

2012年、名古屋の保育大学で出会い結成。
「誰も一人ぼっちにしない音楽」を掲げて活動する4ピースバンド。
2014年ロッキングオンジャパン主催のコンテスト「RO69JACK2014」に入賞。
2nd mini Album「ONSEN POP WAVE」をライブ会場限定販売したところ思いのほか好評につきタワーレコード限定販売→全国流通販売へ!

前作「ONSEN POP WAVE」は”勢い=WAVE(波)”を込めた「初期衝動」、今作「OTONARI BENTO BOX」はそのWAVEの先に辿り着いた、彼らの”あたたかさ、やさしさ=OBENTO(お弁当)”に詰めてみなさんのお隣(OTONARI)に添えるような1枚が完成した。

とにかくアッパーチューン「アイスクリームポップスター」、SNS系センチメンタルダンスナンバー「T.R.F.」、3分でトリップ「インスタント旅」、メロウ×寿司=「SUSHI☆ZANMAI」、君の心と空模様「レイニーレイニー」、2016年ウェディングソング「ハッピーソング」、最後はみんなボーイミーツにくびったけ!「おさるのジョニー」

初めての一発録りを行い、一発録りだからこそのグルーブと現在のTHE BOY MEETS GIRLSを表現。
サウンドディレクションに滝 善充(9mm Parabellum Bullet)が参加、彼らの新しい可能性とヒントを与えた事に間違いない。



携帯からリクエスト!
携帯からのリクエストはこの2次元コードを携帯のバーコードリーダーで読み取り、リクエストURLにアクセス下さい。