MID-FM HIGH POWER PLAY!

MIDサウンドスケッチ〜昼〜

NEW ALBUM「Circus Love」
☆2018/04/11(Wed) Release
SICX-99  \2,200+税
(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

■洋楽

End/Gone / NICK MOON
http://www.sonymusic.co.jp/artist/nickmoon/
※NEW ALBUM“Circus Love”収録曲

ニック・ムーンは2007年にKYTEのフロントマンとして活動を開始し、デビュー当初から、その完成された世界観とメロディー・センスが高い評価を得てきた。
ここ日本でも2008年の初来日ツアーが全公演ソールドアウトとなり、その後<サマーソニック2009><フジ・ロックフェスティバル2013>と大型フェスにも出演するなど計6度の来日を果たし、高い人気と支持を得ている。
そのKYTEでヴォーカル/キーボードとして活動を続けてきたニックが、約6年振りに音楽活動を本格始動してリリースするアルバム『CIRCUS LOVE』では、
全曲の作詞・作曲・プロデュースすべてをニック本人が手掛けており、KYTEで表現されたポスト・ロック・サウンドとドリーミーな世界観はそのままに、ダンス・ミュージックやシンセ・ポップの要素も取り入れた作品に仕上がっている。
これまではバンドとして多くのファンを魅了してきたニックが、ソロ・アーティストとして今後どのような展開をみせていくのか、日本のファンからの注目も高まっている。

☆2018.03.07(wed)on sale
NEW EP「Yours」
PECF-3201 ¥1600+tax
SPACE SHOWER MUSIC

■邦楽

年代やジャンルの垣根を超えた独自のポップミュージックを奏でる。

Echo / PAELLAS
http://paellasband.com/
※NEW EP『Yours』収録曲

MATTON(ボーカル)、Satoshi Anan(ギター)、bisshi(ベース)、Ryosuke Takahashi(ドラムス)から成る4人組。
大阪で結成された前身バンドでの活動を経て201 4年に上京し現在の体制となり本格始動。
様々なジャンルの要素を独自のセンスで解釈し、都市の日常、心象風景にフィットするサウンドを生み出す。
前作「D.R.E.A.M.」が様々なメディアで絶賛を受け注目度が上昇する中、早くも最新作を完成させた。
R&B、AORなどの要素を独自に解釈し、あらゆる年代やジャンルの垣根を超えるポップミュージックへと昇華。
ギターSatoshi Ananの洗練されたカッティング、より強固なグルーヴを手に入れた bisshi、Ryosuke Takahashi によるリズム、ヴォーカルMATTONの歌声は感情の豊かさを増し、心象風景を描き出す歌詞が折り重なる事により PAELLAS が新たなフェーズへと突入した事を証明する。

☆2018.03.14(wed)on sale
1st Full Album『緑黄色社会』
HPP-1009  ¥2,500(tax out)

初のフルアルバムは、名刺代わりの1枚。

大人ごっこ / 緑黄色社会
http://www.ryokushaka.com/
※1st Full Album『緑黄色社会』収録曲

Vocal長屋晴子の力強く透明で時に愛らしい独特な歌声、キーボードpeppeの型にはまらないフレーズ、
Guitar小林壱誓の柔らかいコーラス、バンドを支える最年少、穴見真吾のBass Line。
同級生3人と幼馴染で組まれ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、
様々なカラーバリエーションを持った楽曲を表現し続けている。
1st full album「緑黄色社会」を3/14にリリース。
初のフルアルバムは、アーティスト名をタイトルに名刺代わりの1枚。
ポップでキャッチーなメロディーとキラキラしたバンドサウンドに加え、
等身大の歌詞に込められたまっすぐな言葉がグッと胸に刺さる。
MID-FMにて毎週日曜21時〜22時(リピート放送:毎週土曜20時〜21時)ON AIR中の
「Indies Collection!」の3月度マンスリーゲストとして、 今作品から毎週1曲ずつPICK UPし、緑黄色社会メンバー自身が楽曲解説。



携帯からリクエスト!
携帯からのリクエストはこの2次元コードを携帯のバーコードリーダーで読み取り、リクエストURLにアクセス下さい。